妊娠日記 妊娠9ヶ月(32〜35週)

検診内容

検診回数:2回(33,35w)

  • 尿検査
  • 心音確認
  • babyの頭のポジションを確認(33w)
    頭は下の方を向いているとのこと。
  • GBS(B群レンサ球菌)検査(35w)

マタニティライフ

■右わき腹をキックされるのは普通?
babyはよく右のわき腹をキックします。
逆子や横位が心配で診察時に聞いてみたところ、正常とのこと。ほっ。
よく「頭は下だよ〜」と話しかけています。

■恥骨痛
妊娠5ヶ月の妊娠日記に仙骨痛があったということを書きましたが、今度はどうも恥骨痛が始まったようです。
妊娠後期に入ったことと、最近は骨盤体操とヨガをさぼりがちだったからかな〜。
ヨガは私に合っているようなので、もう少し積極的にやろうかなと思います。

■夫がH1N1インフルワクチンを接種
私は妊娠6ヶ月の時に接種済みですが、夫はまだ接種していませんでした。
お医者様より、旦那さんもbabyが生まれる前にワクチンを接種してくださいね〜と言われていましたので、やっと接種してきました〜。
ワクチンの効果は、接種後2、3週間後から有効と聞いていたので、今接種するくらいがちょうどいいかもしれませんね。

今回驚いたのは、インフルエンザのワクチン接種は病院で行われるものだと思っていたのですが、アメリカでは薬局で接種できちゃうんです。
先日、たまたま行った薬局で出来ることを知り、さっそく接種してもらいました。
ちなみに、接種できる場所はこちらの「Flu Shot Finder by Google」で検索することもできます。

■無痛分娩について
35wの検診時に無痛分娩についてお医者様に聞いてみました。
無痛分娩にすると帝王切開の確率が高くなるなどの情報をネットで得ていたのですが、これは医学的に否定されている情報のようです。
「数十年前のむか〜しはそのような話もあったかもしれませんが…」との先生のお言葉。

そして、アメリカでは9割の患者が無痛分娩を行っており、残り1割のうちほとんどの方は、無痛分娩にしたくてもできなかった人たちのようです。(病院についた時には子宮口が全開ですぐに産まれそうな状態だったため無痛分娩をできなかったなどが主な理由のよう)

せっかくアメリカにいるので無痛分娩にしようかなと思っています。
今後行われる両親学級で無痛分娩についてお話があるので、それを聞いてから最終的に決めようと思います。

inserted by FC2 system