子育て日記 生後0ヶ月

ダイアリー一覧

ダイアリー

■おっぱいが大変!(生後3日目)


今日のたくと君
ママ:病院から帰ってきて、すぐにスヤスヤとねんねするたくと。
新生児は本当に寝てばかりなんですね〜。

パパ:たくとは病院の病室や家の中では良く泣くのに、病院の通路や車の中ではおとなしい。
もしや、こやつ内弁慶!?

日記
病院にいる間、看護師さんについてもらって授乳の特訓を何度も行いましたが、授乳の仕方が下手なのか乳頭に傷つけてしまいました。
この状態で授乳すると、激痛が走ります。
もう、ヒィーーーー!!!と叫びたくなるくらい、痛いです。
乳頭に血豆や水膨れを作って退院しました。。。
その後、涙をこらえての授乳が続きます。

そして、退院した日の夜、痛みを感じて目を覚ましました。なんと胸から激痛が。
パンパンに張って、数百本の針に刺されたような痛みです。ベッドから起き上がることさえ苦痛。
胸をチェックしてみると、しこりあり。
どこかつまっているのかしら。。。
どうすればいいのか分からず、これまた必死に痛みに耐えて貫徹(^^;

そんな弱音を吐いていたら、友人から素晴らしい情報を頂きました!
なんと、近くに助産師さんがいらっしゃって、おっぱいマッサージをしてくださるそうです。
さっそくアポイントメントをとってみます!

■おっぱいマッサージ(生後6日目)


今日のたくと君
ママ:授乳後のゲップをパパに出してもらっている様子。ゲップを出させるのは、ママより断然パパが上手!
今日もうまくできたかな〜?

パパ:とは言っても、なかなかゲップが出ないときもあります。ゲップマスターへの道のりは遠い。

日記
実は、乳頭に傷を作って以来、私は直接授乳があまりにも辛く相当参っていました。
病院で「乳頭保護器」や「搾乳器+哺乳瓶」などの迂回策について聞いてみても、その程度の傷なら直接飲ませる方がいいわと言われるのみ。そんなぁ〜。

そんなおっぱいトラブルを抱えて、たどりついたのは助産師さんのおっぱいマッサージ。
日本だとメジャーですが、まさかアメリカで施術してもらえるなんて思ってもみませんでした。
メールで問い合わせてみると、すぐにお返事を頂き、お宅へ伺うことに。

お宅へ伺うと、まずは簡単な問診をした後、乳頭の傷についての相談。
助産師さんだから、きっと病院と同じく直接授乳を勧められるのかなと思っていましたが、アドバイスは意外にも「無理しなくていい」でした。

「本来授乳の時間は幸せな時間であるはずなのだから、そんなに無理しなくていいんだよ。もう充分頑張ったんだからね。ただでさえ異国の地で心細いんだから。」と言われて、涙がぼろぼろとこぼれました。
「しっかりしなきゃ。このくらいの痛み、みんな我慢してるんだから」と思う自分と、「痛くて辛い。耐えられないよ。。。」という自分の間で身動きが取れなくなっていた私にとって、救いの言葉でした。

その後、乳頭保護器を使っての授乳を行ってみました。
なんと、痛みをそんなに感じないのです(嬉)
もっと早く使えばよかった〜。

メデラの自動搾乳器も試してみました。
痛いのかな〜と思っていたら、意外と痛くないんです!
搾乳方法は手搾りがいいと言われているんですが、私は手搾りが苦手なので搾乳器という選択肢もありかなと思いました。

その後、おっぱいマッサージをしてもらいました。
かなーり痛いです。陣痛と同じくらいか、瞬間的にはそれ以上の痛み!
でもね、マッサージが終わったら、あのカチカチパンパンだったおっぱいが、やわらかくなっていました。
よかった〜。
身も心も軽くなった1日でした。

■出産後に急いで買ったもの(生後9日目)


今日のたくと君
ママ:退院後はずっと寝ていましたが、最近起きている時間も多くなりました。
また、ゴキュッゴキュッと一生懸命おっぱいを飲む姿がとても愛おしいとともに、成長を感じます。

パパ:たくとはずっとパパ似だと思っていたのですが、最近気が付きました。

 俺よりイケメンだ!

日記
出産後に急いで買い足したものがかなりあります。

とくにBreastfeeding関係。
母乳は出ても、まさかおっぱいドラブルでこんなに大変になるなんて思っていなかったので急きょお店へ何回も足を運ぶ事になりました。

(1) Medela Disposable Nursing Bra Pads
下着の下に入れて、母乳の漏れを防ぎます。

(2) Medela SoftShells
これを胸にあて、その上から下着をつけると、傷ついたニップルが下着やBra Padと擦れることがありません。

(3) Lansinoh Brand Lanolin Topical Breast Cream
傷ついた乳頭用のクリームです。
授乳の際はクリームを拭きとらずそのまま授乳できます。

(4) Medela Harmony Manual Breastpump
おっぱいがカチカチに張った時に搾乳するために買いました。
使ってみると、全く痛くなく操作も簡単♪
しかも軽量(1.0lbs)です!
自動にするか手動にするか迷いましたが、時々しか使わないなら手動でも十分だな〜と思いました。

(5) My Brest Friend Nursing Pillow
授乳クッションです。
腰に巻きつけるタイプなので、授乳の格闘中(笑)にクッションがずれず、使いやすいです。
でも、右側でフットボール抱きの授乳ができないのが難点かな〜。

(6) ピジョン 乳頭保護器 授乳用 ソフトタイプ
助産師さんに勧められた乳頭保護器です。
アメリカにも似たようなものはたくさんありますが、なんせサイズが大きい(苦笑)
というわけで、こればっかりは日本のメーカーのものにしました。
ちなみに、これはアメリカでは売っていないそうです。


上記以外に、一応ミルクも買いました。
母乳は出ている(と思う)のですが、高頻度の授乳で疲れてしまっているので、今後本当に疲れきってしまう前にミルクをあげるという選択肢もありかなと思いました。
いつも笑顔のママでいたいので、頑張り過ぎず、何事もほどよくできたらいいなと思います。

■へその緒がとれた(生後11日目)


今日のたくと君
ママ:沐浴(といってもまだコットンで拭き取るだけ)のたびに行われるおしっこ攻撃は毎度のことになりました。
元気なことはいいこと♪

パパ: 沐浴時の、たくとのおしっこ攻撃に恐れおののく毎日です。
ついにおむつ替えでもやられました。

日記
日本とアメリカでは生後に行われるへその緒の処理に少し違いがあるようです。
詳しくは割愛しますが、その処理の違いによって、日本だと1週間前後でへその緒が取れるようですが、アメリカでは2週間くらいかかるそう。
ま、とにかくめでたくへその緒がとれて、ちゃんと乾燥しているみたいなのでよし!

ところで、このへその緒の保存、どうしようかな〜。

■生後2週間目のチェックアップとおっぱいトラブル(白斑)(生後14日目)


今日のたくと君
ママ:お昼寝中のたくと。
いつも写真のとおりに右側へ寄って寝ちゃうんですね〜。寝相の悪さはどちら似だろう?(笑)

パパ: たくとが眠くなるまで抱っこするのは私の仕事。
ああ、背中が痛い。。。

日記
今日は小児科に生後2週間目のチェックアップに行ってきました!
まずは体重測定。
 体重 : 3250g
う〜ん、やっと生後直後の体重に戻った感じですね。
やっぱり体重の増えがいまいち足りないように感じます。

授乳時の痛みはまだあるので1日7〜8回の授乳が多いなと感じているのですが、先生から今回体重の増えが今一つだったからもっと授乳回数を増やした方がいいと言われてしまい、ひゃ〜っと思う私は根性がないのかもしれません(^^;

「フォーミュラ(ミルクのこと)を追加した方がいいでしょうか」と先生に聞いてみましたが、母乳はでているからフォーミュラの追加はいらないとのこと。
「でも痛いので授乳回数をあげるのはちょっとしんどいのですが。。。」なんて弱気なことをいったら、だったら搾乳をして飲ませたらいいよ、と。

その後、左側の胸だけ授乳時に痛いということで、飲ませ方を先生にみてもらいました。
赤ちゃんに深くくわえてもらったら痛みはマシになるのですが、やはり痛い。
先生も「どうして痛いのかしら」と首をひねっていました。

そして家に帰って、よくよくおっぱいを観察してみると、乳頭に白いニキビのようなものがありました。
もしかして、これは。。。と嫌な予感がする中ネットで調べてみると、やはり「白斑(はくはん)」という結果に。

専門家に治し方を聞こうと思い、先日おっぱいマッサージをしてくれた助産師さんにメールをしてみました。

白斑ができる原因は、すわれているときに傷がついて、それを治そうとして皮膚が上からかぶってできたもの。
治療法は、「とにかくすわせること」だそうです。
そして「白斑があるほうから、必ずすわせてください」とアドバイスを頂きました。
これで治らない場合、消毒した針で皮膚を破ることもできるそうですが、気をつけなければいけないとのこと。

あぁ、おっぱいトラブル続きで、いっそのことフォーミュラにしたい。。。と弱気です。
しかし、母乳がたくさんでているのを減らしたり止めたりするのは、さらにおっぱいトラブルを招くということで、しばらくは母乳で頑張ります。

おっぱいノイローゼになりそう〜。

■おいしい母乳を目指そう!(生後16日目)


今日のたくと君
ママ:ベビービョルンのバウンサー(ベビーシッター 1-2-3)にのせてみました。
機嫌良くしてくれているので、どうやらこのバウンサーはOKのよう!よかった〜。
ずっと抱っこしているわけにもいかないので、助かります。
もう少し大きくなったら、このバウンサーを自分で揺らして遊んでくれるかな?

パパ: 最近髪が増えてきました。
頭頂部だけツンツン立てるという斬新なヘアスタイルです。カッコイイ!

日記


↑おっぱいを飲んだ後の満足そうなたくと

甘いもの大好きな私。
脂質が多いものをママが食べていると、母乳はまずくなるし、おっぱいトラブルも起こしやすいと知りつつも、ストレス大敵という言い訳を盾に、お菓子をパクパク食べていました。

そんな日々を送っていましたが、とある日、母乳の味ってどんな味だろうと思い、指ですくって味見をしてみたのです。
最初は牛乳をほんのり甘くしたような味。
数日たって、今度は搾乳した母乳を飲んでみると、油っこいしつこい味に。
また、しょっぱい時もありました。

さすがに、油っこいときやしょっぱい時には、とてもショックを受けました。
しかもあまりにもまずくて、私は一口で挫折。
たくとはそれを毎回ゴクゴクと飲んでくれているんですよね。ごめんね、たくと。

これで目が覚めて、とても反省し、食事を見直すことにしました。
脂質が多く含まれているものを減らし、和食中心で行くことにします。

でも、我慢は良くない〜と思って(笑)、お菓子は作ることに。

今日作ったのは、バナナ蒸しパン。
薄力粉、ベーキングパウダー、バナナ、ブラウンシュガー、水。
これらを混ぜて、レンジで5、6分チンして出来上がり〜♪
バナナの甘みを活かして砂糖は少なめです。
これなら市販のお菓子より少しはマシかしら。

たくとには、私も飲みたいっと思えるような母乳を飲ませてあげたいです。

■天使の微笑み(生後18日目)


今日のたくと君
ママ:え〜!笑った??

パパ: 笑った!!

日記
「今日のたくと君」の写真のとおり、バウンサーにのってご機嫌にしているときに、何やら笑ったような顔をしました!
うおー、可愛い〜!と思いながら写真を撮った私。

でも、まさか新生児はまだ笑わないよね。と言うことは、この笑ったような顔は何だろう??というわけで調べてみました。

(--- Wikipediaの「笑い」より引用 ---)
微笑は新生児においても観察され、覚醒時のみならず、睡眠中にも規則的な周期を伴って生起する。
これは新生児微笑と呼ばれるもので、養育者の注意を引き関心を維持させる機能を担った生得的行動と推測されている。
実際、新生児微笑に対して養育者は高い確率でポジティブな応答を返すことが知られている。
このような相互作用の結果、乳児は生後2〜3か月の頃から社会的交渉を持つために周囲の者に対して自発的に微笑を向けるようになる(社会的微笑)。

と言うわけで、新生児微笑と言われるもののようです。
ほ〜、自然の仕組みってうまくできているんだな〜と感心。
そのうち声を出して笑うのかな〜♪

■お鼻のお手入れと加湿器(生後22日目)


今日のたくと君
ママ:ヴ〜と唸りながら写真の格好でもがいていました。
まさかもう寝返り?と思いましたが、どうやら右側を下にすることが精いっぱいのようです(^^;
もうちょっとだね。ファイトだ、たくと〜!

パパ:最近、動くものを目で追うようになりました。毎日が成長です。パパも少しずつ成長せねば・・・。

日記
(お食事中の方、すみません。)
ここ1週間ほど、たくと君はお鼻をグズグズいわせて、寝入るときに辛そうです。
ピジョンの鼻吸い器でチャレンジしましたが、ずるずるの鼻水ではなくちょっと固まった鼻くちょなのでとれません(泣)

どうしようと困っていたのですが、ある日大きなくしゃみをしたとき、大量にでてきました〜!
今後は、ティッシュのこよりでくしゃみをさせよう作戦でいきたいと思います。

他に予防策はないかとネットで調べてみると、どうも乾燥した空気がいけないよう。
そう言えばこの前、部屋の湿度が20%でした。さすが、カリフォルニア。乾燥しすぎ。。。
私も喉がガラガラで、風邪かと思い葛根湯飲んでしまいましたよ〜。


↑V150SG Vicks Steam Guard Vaporizer

と言うわけで、さっそく加湿器を購入。
夜はまだ寒いので、部屋の温度を下げないスチーム式のものを買いました。
買ったのはこちら→「V150SG Vicks Steam Guard Vaporizer」。

この加湿器、究極に無駄を省いた加湿器です。
使用方法は、水と少量の塩を入れて、コンセントをさすだけ。
スイッチもないし、デザイン性もあまり感じられません(笑)が、$20という価格なので納得。

さっそく使ってみると、お湯がコポコポと沸騰する音が本当にちょっとだけしますが、ある意味それも癒しに聞こえます。
そして、静かですね〜。

今回1.5ガロン(約5.7リットル)の水が入るものを買いましたが、一回り小さい1ガロン(約3.8リットル)のものは$15で買えるようです。
リビングと寝室に据え置きできるよう、もうひとつ買っちゃおうかな〜♪

■おっぱいのしこりを自分でとる(生後24日目)


今日のたくと君
ママ: 赤ちゃんの体はすべてがミニマム!
写真の大きな手は私の手です。比べてみると本当に赤ちゃんの手は小さいですね。
小さいながらに、爪や手のしわもしっかりとあります。
爪が薄くて柔らかいので、爪を切るときがとっても怖いです〜。

パパ: こんなに小さいのに、手を握る力はとても強い。
握力は何kgくらいなんだろうか・・・。

日記
トラブル続きの左のおっぱいではなく、今回は右のおっぱいにしこり発見。
発見したときは、本当にどうしようかと一瞬落ち込みました〜。
いつものように、インターネットで情報を検索してみると、どうやらマッサージをして詰まりを取るということを皆さんやっておられるようです。
よっしゃー、さっそくトライ!

乳管開通マッサージと言われているようです。
さっそくマッサージを開始。
30分くらい頑張ったら、なんと詰まっていたものがとれて母乳が溢れだし、しこりも解消しちゃいました。
よかったぁぁあ〜〜〜!!!(涙)

かなり自信がつきました。
今後もメンテナンスをしながら様子を見ていきたいと思います。
ちなみに、先日からなっている白斑は良くなってきました。
白斑が消えるまで数週間かかることもあると言われたので、こちらも様子見です。

話は変わりますが、たくとがおっぱいを飲んでいる途中でお腹がいっぱいになったらしく、自分から顔を離して、口元に垂れた母乳を自分の手で拭いました!
自分で拭うなんて、いつ覚えたの?
ママは嬉しびっくりだよ♪

■赤ちゃんの表情は豊か!(生後26日目)

今日のたくと君
※写真は日記の方に載せました。
ママ: 生まれたばかりのときの泣き声は「ほぇ〜、ほぇ〜」だったのが、最近は「あ"ー、あ"ー」としっかり泣くようになりました。
泣き声が日々変化していきます

パパ: 最近パパやママの顔を見ると、話しかけているみたいな声を出すようになりました。
なんて言っているんでしょうか。「パパだ〜いすき♪」とかですかね。

日記
新生児はあまり表情がないと聞いていたのですが、とんでもない!
くるくると表情が変わり、見ていて飽きません(^^)
とくにしかめっ面のバリエーションは豊か(笑)

今日はそんな表情の移り変わりの写真をのせま〜す。


この顔はよくします。
眉間にしわをつくる天才です!(笑)


笑っているように見えます(^^)


たくと君らしいお顔です。
ほっぺたぷくぷくで可愛いですね♪


んん?
何か気張っているのかな〜?(笑)

泣いたかと思うと、数秒後に笑ったような顔をしたり。
落ち着いたかと思うと、すぐに顔を真っ赤にして泣いたり。

上手に赤ちゃんのシグナルを受け取って、コミュニケーションをとっていきたいな〜と思います。


■生後1ヶ月目のチェックアップと乳児湿疹(生後28日目)


今日のたくと君
ママ: ぱーんち!の図www

パパ: 学校で使っているPCの壁紙は、もちろん拓都の写真。
みんなから"So cute!!!"と言われて(言わせて?)ご満悦。これが親バカというやつか。。。

日記
今日は生後1ヶ月目のチェックアップの日。

 身長:52cm (生まれた時が51cm・・・。これは合っているのか??)
 体重:4000g

体重は増えてくれているので、安心しました。

実は、たくとは頭にたんこぶのような頭血腫があります。
そのうち消えるだろうということで見守っていましたが、小さくもならず、むしろ固まってきている?みたいだったので、念のため来週に精密検査を受けることになりました。
ちょっと心配です。

そして、たくと君。顔にたくさんの湿疹ができてしまいました〜。
ほっぺに赤いぽつぽつがたくさん。
おでこは全体に湿疹とカサカサが同居しているような状態です。

これは、どうやら乳児湿疹というものらしく、よくあることのよう。
インターネットで調べると、日本では石鹸で綺麗に洗ってあげるといいというような情報が多いので先生に聞いてみたところ、

「カリフォルニアは乾燥しているので沐浴は1週間に2回くらいでいいのよ〜」
「石鹸で洗うから湿疹が治るわけではないよ。むしろこちらでは石鹸で洗っちゃうと油分がとれて乾燥しちゃうから、その分保湿してあげないと。」

とのことでした。

何もしなくても、半年もすれば綺麗になるということです。
ちゃんと綺麗になるといいな〜。

■じゃんけん(生後29日目)


今日のたくと君
ママ: パパとグーでタッチ!

パパ: あと15年くらいしたらパパの手より大きくなるんだろうか。
まだ想像がつきません。

日記
最近よく手足が動くようになりました。
手でグーやパーは出来ますが、まだチョキはできません。

そんなたくととパパはときどきじゃんけんをしています。

  パパ「じゃんけん、ぽん!」

きっとパパが負けてくれるんだろうな、微笑ましい光景だな〜とそれを見ていたところ、次の瞬間耳を疑いました。

  パパ「やった〜! パパ勝ったーーー!!!」

えぇええええ?!
パパ勝ったの??

大人気ないパパでした。(苦笑)
ついでに、猫ちゃんも基本はグーでときどきパーをしますが、そんな猫ちゃんにもじゃんけんでパーを出して勝って喜んでいます。

inserted by FC2 system